忍者ブログ
世の中の気になる情報やニュースを毎日お届けしますよ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
北朝鮮の核・ミサイル開発の進展で、
朝鮮半島の緊張は、休戦以来、最も
高まっているそうです。

こうしたなか韓国では、「核兵器を持って
北朝鮮に対抗するべきだ」という声が
大きくなっているそうです。

6回目の核実験直後の世論調査では、
60%が「核武装に賛成」と回答。
別の調査では68%が賛成しているそうです。

1991年の「朝鮮半島非核化宣言」を受け、
アメリカ軍は韓国から核兵器を撤収しました。
韓国で今広がる「核武装論」は、アメリカ軍の
核兵器を再び配備すべきだというものだそうです。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、
「韓国に再び核を配備すれば、北朝鮮に核放棄を
求める大義名分を失う」と強く反対しているそうです。

「個人的な意見」としつつも、国防省のトップが
核配備に言及。政府は、火消しに追われたそうです。

韓国も核武装の世論が出ています。

日本も議論する時期に来ていると
思いますね。

PR
民進党です。

離党を検討している岸本周平衆院議員や
今の執行部と距離を置く若手議員らが
13日夜、会合を開き、野党再編などに
ついて意見を交わしたそうです。

会合に出席したのは離党がささやかれる
岸本氏や後藤祐一衆院議員、すでに
離党した木内孝胤衆院議員、さらに
今の執行部と距離を置く若手議員ら
8人だそうです。

会合では野党再編について意見が
交わされたということで、離党が
ささやかれる後藤氏が「地元でもしっかり
説明している」などと近く離党する
考えを示した一方で、岸本氏は「すぐに
党を出ることはない」「当面は党の抜本的
改革を党内から訴えていく」などと
語ったそうです。

今の民進党では選挙は勝てませんね。
また自民党の支持率が上がっています。
民進党はどうするのでしょうかね。


自民党では、およそ1か月ぶりに
憲法改正の議論が再開したそうです。

「憲法9条」について安倍総理が提案した
1項と2項を残したまま、自衛隊を
明記する案について意見が交わされたそうです。

この中では安倍総理の提案を支持する声が出る一方で、
北朝鮮のミサイル問題など日本を取り巻く
安全保障環境が急変していることから、
戦力不保持などをうたった「9条2項」を
抜本的に見直すべきだという意見も
出たそうです。

「9条」に関する次回の会議では、具体的に
自衛隊を明記した条文を用意して、
さらに議論を進めるそうです。

北朝鮮問題などに対処できる憲法に
代えるべきです。
そうでないと意味がありません。

どうやってこれからの日本を守って
いくかが重要です。


月末の金曜日に早めに仕事を切り上げて
消費を盛り上げる「プレミアムフライデー」です。

経団連の榊原会長は「月初にして欲しいと
いう声は強くある」と述べ、現在の月末から
月の初めの金曜日への変更を検討する考えを
明らかにしました。

「みなさん忙しい時期なので、月末をずらして
欲しい、月初とかにして欲しいという声は
非常に強くあります。見直しをするとすれば、
そこらへんが1つの対象になるのかなと
思っている」(経団連 榊原定征 会長)
そうです。

経団連の榊原会長は、ことし2月から導入した
「プレミアムフライデー」の現状について、
「地方に行くと全く浸透していないところもある」と指摘。

その上で、「一度、総括をしてみたい」と述べ、
現在行っている月末の金曜日から、月の初めの
金曜日への変更を検討する考えを明らかに
したそうです。

月末は忙しいですからね。
月初の方がよいかもしれません。

やってみることが重要です。

小野寺防衛大臣は北朝鮮による
6回目の核実験の威力を踏まえ、
「脅威となる核兵器を持っていると
考えざるを得ない」と述べたそうです。

「すでに160キロトン、広島の10倍
ですから、これは脅威となる核兵器を
持っていると考えざるを得ないと
思います」(小野寺五典防衛相)
と発言したそうです。

また、小野寺大臣は「国際社会で判断すべきこと」と
前置きした上で、「北朝鮮を核保有国として
認めるかどうかは別として、核実験を繰り返し、
相当の能力を持っている国」と
指摘したそうです。

そして、北朝鮮の今後の挑発については
「最終的にICBM=大陸間弾道ミサイル級の
長い射程でアメリカまで届く実証はできていないと思う」
として、今後、アメリカ本土まで届くか
確認するため発射実験を行う可能性が
あるとの見方を明らかにしたそうです。

北朝鮮のミサイル技術がどんどん進んで
います。
日本は、早急に対応できる準備を
行うべきですね。
先制攻撃、核抑止力、憲法改正などです。
自国でできますからね。

 ブログ内検索 
 カレンダー 
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3
10
17 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 カテゴリー 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]