忍者ブログ
世の中の気になる情報やニュースを毎日お届けしますよ。
[2271]  [2270]  [2269]  [2268]  [2267]  [2266]  [2265]  [2264]  [2263]  [2262]  [2261
公立小中学校に非正規で雇われ、
処遇に差がありながら、担任や
部活動の指導など正規の教員と
ほぼ同じ仕事をする臨時的教員が、
全国で4万人以上いるそうです。

文部科学省のまとめでわかったそうです。

臨時的教員が10%超の県もあり、文科省は
教育委員会から聞き取るなどして
処遇改善を働きかける方針だそうです。

文科省のまとめによると、全国の
公立小中学校で働く臨時的教員は、
正規教員が出産育児などで休職する際に
雇う代用教員らを除いて4万1030人(2016年度)
だそうです。

子どもの数や学級数から算出される
教員の定数58万1357人(16年度)の
約7%を占めていたそうです。

割合が最も高かったのは沖縄県の
15・5%で、最も低いのは東京都の
1・4%だそうです。

何で臨時教員が多いのでしょうかね。
よくわかりませんが。

PR
 ブログ内検索 
 カレンダー 
10 2017/11 12
S M T W T F S
2
5 10
12
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 カテゴリー 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]