忍者ブログ
世の中の気になる情報やニュースを毎日お届けしますよ。
[2479]  [2478]  [2477]  [2476]  [2475]  [2474]  [2473]  [2472]  [2471]  [2470]  [2469
福島第一原発事故をめぐる
東京電力の旧経営陣の裁判です。

津波対策を担当した東電の社員が
出廷し、大津波の発生確率を
計算するのに必要な記録がなく、
「原子炉を止める切迫性はなかった」と
証言したそうです。

東京電力の勝俣恒久・元会長(78)ら
旧経営陣3人は業務上過失致死傷の
罪で強制起訴され、いずれも無罪を
主張しているそうです。
2002年に国の機関が公表した
地震活動の「長期評価」をもとに
津波対策をとっていれば事故が
防げたかどうかが主な争点に
なっているそうです。

17日の裁判では津波の水位計算などを
担当した東電の社員が先週に続いて
出廷したそうです。

この社員は、事故の3年前の会議で
武藤栄・元副社長に最大15.7メートルの
津波が襲うとの試算結果を
伝えていましたが、防潮堤の
設置などは見送られていたそうです。

でもですね。
東北電力の女川原発は事故は最小限に
抑えられました。
津波対策をしていましたからね。
同じように津波の予測をしていました。
経営者の判断です。

可能性があるのであれば、経営者は
福島原発も津波対策をすべきでしたね。
何もしていないことが問題です。

PR
 ブログ内検索 
 カレンダー 
08 2018/09 10
S M T W T F S
2 8
9 11 15
16 18 22
23 26 27 28 29
30
 カテゴリー 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]