忍者ブログ
世の中の気になる情報やニュースを毎日お届けしますよ。
[1961]  [1960]  [1959]  [1958]  [1957]  [1956]  [1955]  [1954]  [1953]  [1952]  [1951
子どもの貧困対策の一環です。

福岡県は2016年度、コンビニエンスストア
から消費期限間近のパンなどを譲り受け、
NPOや支援団体を通じて困窮層の子どもたちに
提供する取り組みを始めるそうです。

都道府県初の試みとして注目されるが、
現場の支援者からは廃棄対象食品を
子どもの支援に結びつけることに
疑問の声も上がっているそうです。

コンビニチェーン各社の多くは、
消費期限が残り1日程度に迫ったパンなどは
店頭から下げ、廃棄しています。

県の計画は、そうした食品を無償で譲り受け、
NPOや社会福祉協議会などが困窮世帯を
対象に開いている学習支援の場で
子どもたちに食べてもらうそうです。
コンビニにはNPOなどのスタッフが
受け取りに行くそうです。

いいことです。
廃棄するのはもったいないですね。
有効に活用すべきです。

「売れ残り」の食品を使って公的に支援する
仕組みが、困窮家庭の子どもたちへの
偏見やいじめを助長したり、子どもたちの
プライドを傷つけたりしないか危惧する
関係者も少なくないそうです。

いつもの通り、反対する馬鹿がいますね。

でも、偏見やいじめを受けるより、
食品を捨てることの方が問題だと思います。
そっちの方が問題だと思いますよ。

アフリカにお金を寄付することと同じですよ。
お金が、食料品になっただけです。

PR
 ブログ内検索 
 カレンダー 
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
6
13 16 19
20 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 カテゴリー 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]