忍者ブログ
世の中の気になる情報やニュースを毎日お届けしますよ。
[2026]  [2025]  [2024]  [2023]  [2022]  [2021]  [2020]  [2019]  [2018]  [2017]  [2016
10日投開票の参院選は、
小規模政党による生き残りを
懸けた戦いも展開されているそうです。

旧社会党を前身とする社民党は
党首の当落が焦点で、生活の党は政党交付金を
受けるための政党要件を維持できるか
勝負どころを迎えているそうです。

政党助成法によると、政治団体が
交付金の支給対象となる「政党」と扱われるには
(1)所属国会議員5人以上
(2)国会議員が1人以上で、
かつ直近の衆院選か過去2回の参院選で
得票率2%以上
のいずれかを満たす必要があるそうです。

これに当てはめると、前回の2013年
参院選で2%以上の票を得た社民党と、
前身の次世代の党が14年衆院選で「
2%条項」をクリアした日本のこころを
大切にする党は、今回の結果にかかわらず
政党として存続するそうです。

ただ、衆参両院で現在5人の社民党は
吉田忠智党首と福島瑞穂副党首が
比例代表で改選を迎えるそうです。
2人当選は厳しいとみられており、
劣勢がささやかれる吉田氏は遊説先で
「2枚目の比例の投票用紙には
『吉田忠智』」と連呼しているそうです。

厳しいですね。
もう社民党は必要ないですね。
PR
 ブログ内検索 
 カレンダー 
10 2017/11 12
S M T W T F S
2
5 10
12
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 カテゴリー 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]