忍者ブログ
世の中の気になる情報やニュースを毎日お届けしますよ。
[2780]  [2779]  [2778]  [2777]  [2776]  [2775]  [2774]  [2773]  [2772]  [2771]  [2770
川崎市の児童殺傷事件や元農水次官による
長男刺殺事件を受け、中高年の引きこもりに
関する支援団体などへの相談が急増しているそうです。

その一方で、事件への反響の大きさから、
より社会から遠ざかろうとする人もいるという。
団体は「とにかく誰かに相談を」と呼び掛けているそうです。

支援活動を行うNPO法人「楽の会リーラ」
(東京)には事件後、相談の電話が殺到。

大半が40〜50代の当事者で、
「世間の目が怖くて外に出られない」
などと切実な訴えが続く。
「早く何とかしたい」という親の相談も増えたいう。

娘が引きこもった経験を持つ市川乙允事務局長(72)は
「最も難しいのは最初に救いを
求めること。事件が背中を押し、
転機になった側面はある。手を離さず
支援を続けたい」と話す。

ただ、課題はそれでも相談できない人だ。
本人や親は就職しないことを批判されたり、
子育ての失敗だと言われたりした経験から、
社会に拒絶されたという思いや、
世間への引け目を持つ人が多い。
事件の衝撃が強いほど偏見への
恐れも強まるため、余計に隠しがちに
なるそうです。

社会の問題もありますが、まずは、親子ですね。
親子で、サポートすべきですね。
少しずつ、社会に出るのが大事です。


PR
 ブログ内検索 
 カレンダー 
06 2019/07 08
S M T W T F S
2
7
14 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 カテゴリー 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]