忍者ブログ
世の中の気になる情報やニュースを毎日お届けしますよ。
[2139]  [2138]  [2137]  [2136]  [2135]  [2134]  [2133]  [2132]  [2131]  [2130]  [2129
中国産米の混入問題を報じた
「週刊文春」の記事で名誉を
傷つけられたとして、イオン(千葉市)が
発行元の文芸春秋(東京都)に対し、
1億6500万円の損害賠償などを
求めた訴訟です。

判決で、東京地裁(沢野芳夫裁判長)は
16日、文芸春秋に約2490万円の
支払いと、ウェブ広告の削除を命じたそうです。
文芸春秋は即日控訴したそうです。

問題となったのは、2013年10月17日号の
記事や広告。商社が中国産米を国産と
偽装した問題について、イオンが偽装米の
納入に関与して、この米を使った弁当や
おにぎりなどを販売していた、と報じたそうです。

判決は、見出しを含めた記事と広告の
大部分が真実とは認められず、名誉毀損
(きそん)に当たると判断。
社会的信用を失わせた損害として
600万円のほか、イオンが新聞紙上に
社告や意見広告を出すためにかかった費用の
一部約1700万円も、文芸春秋の不法行為と
関係する損害と認めたそうです。

訴えが、1億6500万円の損害賠償なのに、
判決は、約2490万円ですか。
安すぎますね。
間違った記事を書いたのなら、
もっと、損害賠償を大きくすべきですね。
そうでないといつまでたっても、
間違った記事が続きます。

週刊誌を書くほうもリスクをもって
正しい記事を書くべきです。
PR
 ブログ内検索 
 カレンダー 
07 2017/08 09
S M T W T F S
3 4
6
13 16 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 カテゴリー 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]