忍者ブログ
世の中の気になる情報やニュースを毎日お届けしますよ。
[2562]  [2561]  [2560]  [2559]  [2558]  [2557]  [2556]  [2555]  [2554]  [2553]  [2552
気象庁富士山測候所の職員が
68年間つづった40冊以上の
「カンテラ日誌」が所在不明になっていた問題です。

同測候所を管轄した東京管区気象台は
毎日新聞の取材に、昨年11月以降に
「文書整理の一環」で廃棄していたことを
明らかにしたそうです。

気象観測のほか、眼下の空襲など
太平洋戦争も記録した貴重な資料が
失われたそうです。

閲覧したことがある気象専門家らは
「職員が見たまま感じたままを率直に
記した第一級の歴史資料だった。
機械的に捨てるなんて」と批判している。

同気象台総務課によると、日誌は昨年11月
までは倉庫にあったが、他の行政文書と
一緒に溶解処分したという。

取材に対し同課担当者は「毎日の出来事や
感想を個人的に書き留めたもの。職務ではなく、
行政文書に当たらない。庁舎内のスペースは
有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない」と
説明したそうです。

もっと、他に保管のやり方が
あったような気がします。
担当者は、何のために68年間も
保管されてきたのか考えないのでしょうかね。
残念ですね。
PR
 ブログ内検索 
 カレンダー 
10 2018/11 12
S M T W T F S
2
4
11 16
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 カテゴリー 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]