忍者ブログ
世の中の気になる情報やニュースを毎日お届けしますよ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
2020年の東京オリンピックです。

マラソンの開始時間を午前7時とするなど、
競技の日程がIOC=国際オリンピック
委員会の理事会で承認されたそうです。

東京オリンピックの競技は国内42の会場で、
史上最多となる33競技・339種目が
行われるそうです。

各競技の開始時間は、「暑さ対策」として
男・女のマラソンとも招致段階の計画から
30分前倒して「午前7時」とするほか、
陸上男子50キロ競歩が午前7時半から
「6時」に、トライアスロンも10時から
「8時」に繰り上げられるそうです。

また、開会式の翌日から、体操や柔道、卓球と
いった人気種目が始まるほか、大会中盤の
8月1日を「スーパーサタデー」と名付け、
女子ラグビーの決勝戦や柔道の男女混合団体戦などを
配置して大会後半に向けた盛り上がりを
高めたいそうです。

マラソンの7時はいいかもしれません。
今年のような暑さだと大変です。
まだ少しは涼しいかもしれませんね。

PR
日本豪雨の被害からの復旧に、多くの人手を
必要としている被災地です。

愛媛県西予市では、この連休明けに
ボランティアの人数が大きく
落ち込んだそうです。

「西予市野村町のボランティアセンターです。
連休中は人でごった返したこの場所も、
きょうは平日ということもあり、
かなり空席も目立っています」(記者)
そうです。

西予市野村町は肱川のはん濫で住宅などが
水に浸かり、人の手による土砂の片付けや清掃が
必要とされています。

西予市のボランティアセンターによりますと、
17日は210人のボランティアが訪れましたが、
ピークだった15日の2割程度で、
人の手が足りていない状況だそうです。

ボランティアに来てくれるだけでもありがたいです。
無料ですからね。
あまり期待するもどうかと思いますよ。
仕事もあります。

こういうときに県や市の職員が手助けしたら
良いと思います。
税金をもらっている立場ですからね。


海水の代わりにしょっぱい
温泉水を使ってフグを養殖する
「温泉トラフグ」が、全国に広がっているそうです。

栃木県那珂川町で養殖が成功した
ことをきっかけに、「ご当地トラフグ」が
次々と生まれているそうです。

福島県郡山市のレジャー施設「イワナの里」では、
イワナの養殖池のそばに、直径4メートルほどの
養殖水槽が八つ並ぶ。中ではトラフグが
元気に泳いでいるそうです。

7年前から養殖を始めたトラフグは、
「イワナの里」を営む「のんびり温泉」の
レストランや旅館の目玉商品だそうです。

2千匹の稚魚を入れ、翌年から
出荷できるようになるそうです。

山にいてもフグが食べれるのは
よいですね。
その地域の特産や目玉になります。

地域が頑張っています。
海水の代わりにしょっぱい
温泉水を使ってフグを養殖する
「温泉トラフグ」が、全国に広がっているそうです。

栃木県那珂川町で養殖が成功した
ことをきっかけに、「ご当地トラフグ」が
次々と生まれているそうです。

福島県郡山市のレジャー施設「イワナの里」では、
イワナの養殖池のそばに、直径4メートルほどの
養殖水槽が八つ並ぶ。中ではトラフグが
元気に泳いでいるそうです。

7年前から養殖を始めたトラフグは、
「イワナの里」を営む「のんびり温泉」の
レストランや旅館の目玉商品だそうです。

2千匹の稚魚を入れ、翌年から
出荷できるようになるそうです。

山にいてもフグが食べれるのは
よいですね。
その地域の特産や目玉になります。

地域が頑張っています。
15日も各地で猛烈な暑さと
なりました。

京都の福知山や岐阜の揖斐川では、
38.8度まで上がって、7月1位の記録を
更新するような暑さとなっているそうです。
そのほか、15日は全国およそ2割の
観測地点で気温が35度以上の猛暑日に
なるなど、厳しい暑さとなったそうです。

この暑さの原因ですが、日本の東から
張り出す夏の代表的な太平洋高気圧に
覆われていること、それに加えて、中国大陸からも、
また別の高気圧に覆われていて、この2つの
高気圧に覆われて地上の熱が抑え込まれて
いるような状況になっているからだそうです。

この先、東日本から西日本では22日、次の日曜日頃に
かけて最高気温が35度以上になるところが
あるとして、気象庁は高温に関する情報を
発表しているそうです。

すごい暑さですね。
異常です。
これからまだ暑い日が続きます。
水分をこまめにとる必要がありますね。


 ブログ内検索 
 カレンダー 
06 2018/07 08
S M T W T F S
1
8 13
15 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 カテゴリー 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]