忍者ブログ
世の中の気になる情報やニュースを毎日お届けしますよ。
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
Microsoftです。

米国時間1月30日、2019会計年度
第2四半期決算(12月31日締め)を
発表したそうです。

商用クラウド事業の売上高が90億ドル、
年間売上高ランレートが360億ドルとなり、
予想を上回る好調な内容になったそうです。

同四半期は売上高が前年同期比12%増の
325億ドル、純利益が84億ドル(1株あたり
1.08ドル)となった。また、非GAAPの
1株あたり利益は1.10ドルだったそうです。

部門別の売上高は、プロダクティビティ&
ビジネスプロセス部門が前年同期比13%増の
101億ドル、インテリジェントクラウド部門が
前年同期比20%増の94億ドル、
モアパーソナルコンピューティング部門が
前年同期比7%増の130億ドルだったそうです。

IT企業の業績がよいですね。
フェイスブックもよいようです。

マイクロソフトもよいですね。
PR
2018年12月。閉店した青山ブックセンターの
跡地に、ちょっとユニークな書店が
誕生したそうです。

なにがユニークかというと、入場料1500円
(税別)を支払わなければ、店内の棚に
並んでいる本を見ることも、購入する
こともできないそうです。

きちんとした書店だそうです。
本を予約することもできるし、定期購読を
することもできる。
店名は「文喫(ぶんきつ)」(運営:リブロプラス)。

販売している書籍は約3万冊。
雑誌が並んでいるエントランス部分は
無料だが、その先は有料となる。

入場時にバッジが手渡され、そこに
記載されているパスワードを入力すれば
Wi-Fiを利用できるので、ここでちょっとした
仕事もできそうです。

喫茶室では飲食を楽しむことができ、
コーヒーと煎茶はおかわり自由だそうです。

営業時間中(午前9時~午後11時)は
何時間でも滞在することができるので、
一日中どっぷりと本の世界に浸ることが
できるそうです。

WIFIもあって、1日本を読めるのなら
1500円でもよいかもしれません。
新しい書店の形でしょうか。



Appleです。

ゲームのサブスクリプションサービスを
計画していると、Cheddarが米国時間1月28日に
報じたそうです。

Netflixのようなサービスで、毎月一定の
金額を支払うことで一連のゲームを
プレイできるそうです。

Appleは2018年下半期に複数のゲーム開発元との
協議を開始したが、計画はまだ初期の
段階にあるそうです。
提供開始時期や月額料金は不明だそうです。

Appleは2008年の「App Store」の提供開始により、
モバイルゲームの普及に貢献した。
2018年のホリデーシーズンだけで、
ユーザーは「iOS」のゲームやアプリに
12億2000万ドル(約1330億円)
以上を消費しているそうです。

ハイテク企業各社は、ゲーム機用ゲームを
携帯端末でプレイできるようにするための
手段にも取り組んでいるそうです。

Googleは10月、Ubisoftと提携して、
「アサシンクリードオデッセイ」を
「Chrome」ブラウザでプレイできる
ようにすると発表した。
Microsoftも、「Project xCloud」という
「Xbox」向けの配信サービスをテストしており、
これによって、「Forza」や「Halo」などの
ゲームをスマートフォンやタブレットで
プレイできるようになる可能性があるそうです。

ゲームの課金はよい収益ですからな。
アップルも力を入れているのですね。

炭火焼肉チェーン店「牛角」の
創業者、西山知義氏が、都心で
展開する1人客向けファストフード焼肉店
「焼肉ライク」の全国展開に乗り出すそうです。

中華そばチェーン「幸楽苑」を
運営するなど郊外店の運営に
定評がある幸楽苑ホールディングスと
提携するなど、郊外を含め全国で
300店舗を目指すそうです。

家族や仲間が網を囲んで食べ飲み
する焼肉文化においても、
“お一人さま”ビジネスは成り立つのか。

「都心では1万円、2万円、5000円、
1000円台のお寿司屋さんがある。
しかし、焼肉店では1000円台はほとんどない」

昨年12月26日、東京都内で開かれた焼肉ライクの発表会。
西山氏はこう述べた後、「1000円台」の
回転寿司について、滞留時間が短く
高い回転率を実現し、低価格、高い
原価率でも収益が出るビジネスモデルに
触れたそうです。

寿司業界では、ファストフード業態の
回転寿司が成長したことで、業界の
半数超を回転寿司が占めているという。

西山氏は、焼肉業界もファストフードの
出現により拡大する伸びしろが
あるとみているそうです。

そうかもしれません。
多様化していますからね。
いろいろあっても良いと思います。
これから注目ですね。
華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)です。

25日、同社の公式Twitterアカウント
( @HUAWEI_Japan_PR )にて2019年1月30日(水)に
日本市場向けの新しいスマートフォン(スマホ)を
発表するそうです。
投稿内容から低価格なエントリーモデル
「HUAWEI nova lite 3」ではないかと予想されるそうです。

同社は昨年2月に「HUAWEI nova lite 2」を
発売しており、低価格ながら機能や性能が
整っているとして好評でしたし、その後継機で
はじめてファーウェイを使ってみたいという人に
もおすすめということだそうです。
HUAWEI nova lite 3が順当に
投入される可能性が高いそうです。

一方、総務省が公開している「技術基準適合証明等を
受けた機器」でもHUAWEI nova lite 2
と同等機種である「HUAWEI P smart」の
後継機種「HUAWEI P smart 2019」となる型番
「POT-LX2J」が2018年12月6日に認証通過
しており、その裏付けになりそうです。

スマホは売れるのですね。
他の商品は、導入が難しいようですが。
これから、ファーウェイはどうなのでしょうかね。

 ブログ内検索 
 カレンダー 
02 2019/03 04
S M T W T F S
1
3
10 15
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 カテゴリー 

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]